Event is FINISHED

私たちが継ぎたい会社/残したい文化ってなに?~令和生まれの子どもはどんな企業で働いて何を楽しむのか?~

Description
私たちが継ぎたい会社/残したい文化ってなに?
~令和生まれの子どもはどんな企業で働いて何を楽しむのか?~

<イベント開催にあたって>・・・C&R社舞台芸術事業部担当者より

「家業を継ぐ。継がない。」
地元に帰って集まる同世代のたちの話題に、こんな話が上がってくる年齢になってきた。
親世代が還暦前後の世代ということもあるだろう。
家族をもち長期的な視点が必要とされているから、ということもあるだろう。

ふと、この約30年を振り返ってみると、
ブーム・トレンドとして世の中に勢いよく繰り出して消えていったカルチャー。
イノベーションをおこし生まれ変わる会社や次々と生まれるベンチャー企業。
目まぐるしく環境は変わり続けている。

一般的に「企業寿命30年(今ではもっと短く)」と言われ、
文化の寿命も50年?という話も聞いたことがある。
自分が生まれた当時から残り続けている企業や文化にはどんな共通点があるのだろうか。


改めて考えてみたい。
これから残っていく文化とは?これから残っていく企業とは?
そして私たちが残したい文化や企業とは?


そんな想いから当イベントを企画し、
今回は”承継”に関してそれぞれの角度からアプローチされている3名にご依頼。

・M&Aを含む事業承継などのコンサルティングを行っている
 株式会社きらぼしコンサルティング 長岡 光昭 氏
・スタートアップや上場企業をはじめ、幅広く人事組織や採用の支援を展開し、事業承継のコラムを連載されている
 株式会社ReBoost 河合 聡一郎 氏
・プロ太鼓奏者としてご自身で舞台に立ちながら、文化活性事業を実施されている、
 G-cology 真鍋 徹也 氏

”承継”に関わられている3名をお招きし、
本イベントのテーマである「継ぎたい会社/残したい文化」を皆さんと探っていく。


<こんな人におすすめ>
・伝統文化や伝統工芸などに関われている方
・家業を継ぐか迷っている方
・特定の文化にどっぷりつかっている方
・創業者の理念の伝え方に興味のある方
・承継に関わることのある方
・理念や信念を伝える側にいる方
・タイトルにご興味のある方


※当イベントはトークイベントとなります。セミナーや研修などではございません。
 

==【登壇者】==============================

G-cology
代表 
太鼓集団天邪鬼メンバー
真鍋 徹也 氏
https://peraichi.com/landing_pages/view/gcorogy

設立33周年を迎える和太鼓のプロ集団“太鼓集団天邪鬼”の現役奏者。 2017年に自身の文化人としての経験から文化事業“G-cology ”を立ち上げる。 『文化から日本を豊かに。日本から世界を元気に。』を理念とし、“文化人”の価値を見直す世の中を目指す。 先人達の確かな技術や精神の上に、新しいエッセンスを導入することで、次の時代へ必要とされ継がれる文化を形成している。



株式会社ReBoost
代表取締役
河合 聡一郎 氏
https://reboost.co.jp/

大学を卒業後、東証1部の印刷機械メーカーに入社。リクルートグループを経て、株式会社ビズリーチの立ち上げに携わる。その後、セールスフォース・ドットコム等を経て、ITベンチャーのラクスル株式会社に創業期メンバーとして参画。 人事マネージャーとして、組織図立案、採用戦略及び実行、採用広報、評価制度運用など幅広く担当。 同時に数社のスタートアップの創業、出資を含めた社外人事アドバイザーも兼務。 業態・企業規模・職種を問わず採用成功を実現し3社の上場にも貢献。 2017年 株式会社ReBoostを創業、代表取締役に就任 スタートアップや上場企業を始め、幅広く人事組織や採用の支援、会社/個人での出資を含めたハンズオンでの支援を行う。 ベンチャーにおける人事組織に関する執筆/取材/登壇多数



株式会社きらぼしコンサルティング
代表取締役社長
長岡 光昭 氏
http://www.kiraboshi-consul.co.jp/

私たちはお客さまの「思い」に共感することで、その実現(ゴール)へ共に歩むベストパートナーを目指します。
1980年に八千代銀行(当時は八千代信用金庫)に入行。2003年同行原宿支店支店長、執行役員町田支店長を経て2014年取締役営業推進部長、2015年兼務として東京都民銀行取締役、2017年4月㈱きらぼしコンサルティング代表取締役(現在に至る)。
銀行系コンサルティング会社として大手コンサルファームや専業コンサルティングファームにはない、オーダーメイドのサービス提供を心掛け、新たなビジネスモデルの確立を目指し立ち上げから携る。



<モデレーター>
クリーク・アンド・リバー社
第一事業開発グループ 事業企画室
ビジネスプロデューサー
加藤 寛之  

情報メディアの企画制作・SP広告代理店の企画営業を経て、2014年にクリーク・アンド・リバー社へ入社。2017年にコピーライターからプロデューサーへ転身し、広告の枠に留まらない総合的な企画・プロデュースを行う。 関東経済産業局からの採択を受け、2018年より、クリエイターのアイデアで中小企業を活性化させるプロジェクトのエグゼクティブプロデューサーに就任。事業を承継した経営者からの新商品・サービス開発における相談に向き合い、企画提案を行なっている。 現在、福島県庁からの委託事業により、クリエイティブディレクターの箭内道彦氏が監修している「ふくしまデザインプロジェクト」のプロデューサーとして県内企業の新商品開発を進行中。


【タイムスケジュール】
19:00 受付開始
19:30 イベント開始
19:35 イベントの趣旨説明(C&R社より)
19:40 自己紹介とショートトーク①(真鍋徹也氏)
19:45 自己紹介とショートトーク②(河合聡一郎氏)
19:50 自己紹介とショートトーク③(長岡光昭氏)
19:55 トークセッション・パネルディスカッション
20:45 質疑応答
20:55 交流会
21:30 イベント終了
※タイムスケジュールの中身は予告なく変更になる可能性がございます。


【その他詳細情報】
日程:2019年10月7日(月)19:00開場  19:30開始
場所:クリーク・アンド・リバー社 イベントホール 
   @新虎通りcore 5F
   最寄り駅:新橋駅/内幸町駅 
   〒105-0004 東京都港区新橋4丁目1−1
持ち物:お名刺は受付にて2枚頂戴いたします
参加費用:無料


【株式会社クリーク・アンド・リバー社 概要】
クリーク・アンド・リバー社は1990年創業のプロフェッショナル・エージェンシーのパイオニアです。映像、ゲーム、Web、広告・出版など15分野にわたり、25万人超のプロフェッショナルと2万5,000社のクライアントをネットワーク。「プロフェッショナルの生涯価値の向上」「クライアントの価値創造への貢献」をミッションに掲げ、エージェンシー(人材サービス)事業、プロデュース(受託開発)事業、ライツマネジメント(知財活用)事業を展開しております。
Mon Oct 7, 2019
7:30 PM - 9:15 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 FULL
Venue Address
港区新橋4丁目1−1 Japan
Organizer
クリーク・アンド・リバー社 舞台芸術事業部
104 Followers